時間旅行楽団の活動記録です
by musictimes
カテゴリ
全体
公演スケジュール
What's時間旅行楽団
公演風景
練習の模様
時間旅行楽団公式web
楽団こぼれ話
時間旅行
未分類
以前の記事
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 07月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
8月29日 活動記録
今回の新作、「6人の運の力のための可変式動力システム(仮)」は
楽団のレパートリー「新動力システムによる人力模擬実験」という曲の
「相手のほうに自分が向いていたら相手を叩く、相手に叩かれたら自分が90度回転する」
という非常に単純なシステムが元になっています。
ですが新作ではこれにプラス複雑な要素が複数絡まって、演奏に最適な初期値を探すために
コンピュータでプログラムを組むということがだんだん難しくなってきました。

今までは1人のパフォーマーがする判断というのは多くて2つ程度だったのが、
今回の新作では単純に判断する要素が複数あり、なおかつその状態における最適な判断を
する「選択要素」が加わってきたため(AがダメならB、BがダメならCなど)、
演奏するほうも必死です。
昨日の練習では、面白い演奏になるような最適な初期値を演奏しながら
人力・人海戦術で探していました。
.....................................................

時間旅行楽団活動記録

場所: 名古屋市女性会館
日時: 2006.8.29 14:00〜21:00
参加: 篠田、高山、津坂、野副、文谷、牛島

・9月22日に愛知県芸術劇場小ホールにて初演を迎える新曲
「6人の運の力のための可変式動力システム(仮)」の練習をしました
・上記の新作初演のための衣装を買いに行きました!
逆チューリップ型のステキなデザインです
......................................................
MAYU
[PR]
by musictimes | 2006-08-31 01:41 | 公演風景
衣装について
「時間旅行楽団」広報本部長の津坂です。
ここでは楽団に関係したちょっとしたコラムやチラシの裏のような出来事を気ままに綴っていきます。

今日は私たちのお師さま、三輪眞弘さんの第14回芥川作曲賞受賞記念委託作品(オーケストラ)を聞きにメンバーで東京入りしました。
三輪さんによる楽曲解説

その帰り、新曲の衣装が安く買えないかと原宿へ繰り出したものの、思った通りのお洋服がなく・・・
毎回衣装には悩みます。
メンバーの個性を生かしたデザインのものにすべきか、統一すべきか。

イメージ的にはプリンセスラインの入った型のきれいなAラインワンピースなのですが、今年は柄の大きめなものが流行っているのか単色オンリーなものはなかなか見つからず。
原宿じゃなくて日暮里で布を探すべきだったかと後悔。
まだ詳しいことは新曲演奏当日のお楽しみですが、楽章の一部のイメージテーマは「キッチュだけど笑顔で毒吐き」とも言えるかもしれません。

新曲は9月22日(金)17:30開場、愛知県芸術劇場(愛知芸術文化センター)小ホールにて初演です!
[PR]
by musictimes | 2006-08-28 00:45 | 楽団こぼれ話
時間旅行楽団公式webサイト
時間旅行楽団の作品についての公式webサイトはこちらです。
時間旅行楽団webサイト
[PR]
by musictimes | 2006-08-15 17:00 | 時間旅行楽団公式web
8月11日  活動記録
■お知らせ
!!!!岐阜おおがきビエンナーレ2006に出演決定しました!!!!
.....................................................
10月5日(金)〜16日(日)に岐阜県大垣市のJR大垣駅近辺で
開催される「岐阜おおがきビエンナーレ2006」の中のサウンドイベントに
時間旅行楽団が出演決定しました。
現在のところ、公演日程と会場の調整が行われているため詳細は未定ですが、
決定次第アップします。
大垣の街にルベラトムイタ!
.....................................................


!!!!愛知芸術文化センター主催「AACサウンドパフォーマンス道場」出演決定!!!!
.....................................................
新作「6人の運の力のための可変式動力システム(仮題)」が愛知芸術文化センター主催
「AACサウンドパフォーマンス道場」にて奨励賞を受賞しました!
入選作品が9月22日(金)に愛知県芸術劇場小ホールで上演されます。

AACサウンドパフォーマンス道場」第一回公演
日程/2006年9月22日(金) 
会場/愛知県芸術劇場 小ホール (愛知芸術文化センター地下1階)
入場料/1000円(前売り・当日とも、全自由席)
チケットぴあ:0570−02−9999
愛知芸術文化センタープレイガイド:052−972−0430
上演作品/
・EARTH MOVE(代表:橋本知久)「コクラコキシラ coqulla coquixilla」
・福島諭「Vocalise for Soprano and Computer」
・松本祐一「テキストによる音楽劇(仮称)」
・山口崇洋「音響書道−Sound Calligraphy」
・holon(代表者:森田こころ)「幻燈ダンス」
・時間旅行楽団(代表者:篠田知哉)「6人の運の力のための可変式動力システム」
.....................................................


!!!!今週土曜日せんだいメディアテーク公演!!!!
 ”還ってきた蛇居拳算「ジヤイ神楽」の衝撃”
.....................................................

2004年にせんだいメディアテークで行われた「架空の郷土芸能つくります」
ワークショップで制作された「ヂヤイ神楽(付)算額奉納」。
このワークショップで高橋jaiさんが発案した演算「蛇居拳算」は、その後
「おおがき蛇居拳太鼓」や、山口YCAMで生まれた「水口鉦踊り」&「しゃぐまさま」、
ノルウェーで生まれた「Clap Court」そして来週初演される「369 B氏への
オマージュ」まで、この2年間で最も愛された演算規則として数多くの作品を
生み出してきました。仙台に生まれた不遇の和算家、鷹嘴侍相之介(たかのはし
じあいのすけ)が残したというこの「蛇居拳算」の成果と軌跡を辿ります!
これら+楽団で作曲された「蛇居拳算シリーズ」の一挙演奏を時間旅行楽団が行います!

ジヤイ神楽:http://www.smt.city.sendai.jp/geinou/
蛇居拳算:http://shige1.iamas.ac.jp/%7eshige/mw2005/
.....................................................

夏と秋は出演公演がいっぱいです!
無事IAMAS Open Houseでの公演が終わり、次回の仙台公演に向けて
練習しました。

.....................................................

時間旅行楽団活動記録

場所: 名古屋市芸術創造センター
日時: 2006.8.11 10:30-21:00
参加: 篠田、高山、津坂、野副、文谷、牛島

・せんだいメディアテークでの公演に向けての練習
練習曲:蛇居拳拍子、蛇居拳節、正調蛇居拳節NewVer.、しゃぐまさま
・おおがきビエンナーレについて、楽団紹介文作成
・アイドル蛇居拳節を作曲しました(笑
・メンバー高山さんのお誕生日でした!みんなでケーキを食しました。Happy Birthday!
......................................................
[PR]
by musictimes | 2006-08-15 16:51 | 公演風景
8月1・2日  活動記録

  !!!!新曲「ルベラトムイタ」完成!!!!
.....................................................

時間旅行楽団活動記録

場所: 名古屋市女性会館
日時: 2006.8.1 10:30-21:00
参加: 篠田、高山、津坂、野副、文谷、牛島

・新曲「ルベラトムイタ」の作曲と練習
・8/6のIAMAS open houseについて話し合い
・今後の予定を整理

......................................................

時間旅行楽団活動記録

場所: IAMAS
日時: 2006.8.2 14:00-22:00
参加: 篠田、高山、津坂、野副、文谷、牛島

・8/6のIAMAS open houseに向けた練習
 (曲目:「グングラの子守唄」、「ルベラトムイタ」)
・かぼちゃ煎餅を食べる

......................................................

この二日間は新曲「ルベラトムイタ」のための日々でした。
(写真:「ルベラトムイタ」演奏の様子)
これまでは、音の響きのみを考慮して創った擬声語を使った曲が多かったのですが、
今回の新曲では意味を持つ「言葉」を分解して使うことに挑戦しました。

二日間続けての練習だったので、最後には皆くたくたになりました。
次はIAMAS open house での本番です。がんばるぞ!

                                             文谷

f0016485_9534670.jpg

[PR]
by musictimes | 2006-08-06 06:58