時間旅行楽団の活動記録です
by musictimes
カテゴリ
全体
公演スケジュール
What's時間旅行楽団
公演風景
練習の模様
時間旅行楽団公式web
楽団こぼれ話
時間旅行
未分類
以前の記事
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 07月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ワークショップのお知らせ
今年2008年8月に愛知県武豊町のゆめたろうプラザでワークショップを開くことになりました。
日程などの詳細が決まり次第、追ってお知らせします。


ゆめたろうプラザWS開催

愛知県武豊町ゆめたろうプラザにて、時間旅行楽団によるワークショップを開催予定です。これまで時間旅行楽団は、「アルゴリズム」というルールを用いることを軸に、メンバー全員で共同で作品を制作、上演し、新しい音楽の在り方を提示してきました。今回のWSでは、共同で作曲をするという点を重点におき、自分以外の他人の考えを聞き、受け入れることで、新しいものを生み出す喜びや難しさを体験させ、子どものもつ可能性を最大限引き出します。

■時期:2008年8月某日
■対象:小中学生
■場所:愛知県武豊町ゆめたろうプラザ(愛知県知多郡武豊町字大門田11)
[PR]
by musictimes | 2008-05-16 10:38 | 公演スケジュール
時間旅行楽団プロフィール
私たち時間旅行楽団は、定められたルールに従い演奏者がその場で判断を下し、自らの身体を使って音を生成していく音楽を提案してきました。そこに付随する動きは、時間的な流れ、音を生み出すために存在し、音楽を構成する音は、主に身体の状態に対して割り振られています。
 規則に従い演奏を行うことで、楽譜を必要としない、しかし即興でもない、新しい曲のあり方を実現しています。この手法は、人間の意志を超えた領域で、音楽を構成する様々な因子を決定するものとなっています。
 規則に従いながらも、あくまで身体を通じて具現化される空間は、有機的なノイズや人間味がより際立ったものとなります。我々は、人間がどうしても持ってしまう非整合性を排除するのではなく、むしろ受け入れ、作品を構成する要素としていかすことを選択しています。規則による理不尽にもどうにもならない領域と、人為的に制御し得る領域の狭間に成立する表現を模索しています。

2008年5月現在
[PR]
by musictimes | 2008-05-13 11:03 | What's時間旅行楽団