時間旅行楽団の活動記録です
by musictimes
カテゴリ:楽団こぼれ話( 1 )
衣装について
「時間旅行楽団」広報本部長の津坂です。
ここでは楽団に関係したちょっとしたコラムやチラシの裏のような出来事を気ままに綴っていきます。

今日は私たちのお師さま、三輪眞弘さんの第14回芥川作曲賞受賞記念委託作品(オーケストラ)を聞きにメンバーで東京入りしました。
三輪さんによる楽曲解説

その帰り、新曲の衣装が安く買えないかと原宿へ繰り出したものの、思った通りのお洋服がなく・・・
毎回衣装には悩みます。
メンバーの個性を生かしたデザインのものにすべきか、統一すべきか。

イメージ的にはプリンセスラインの入った型のきれいなAラインワンピースなのですが、今年は柄の大きめなものが流行っているのか単色オンリーなものはなかなか見つからず。
原宿じゃなくて日暮里で布を探すべきだったかと後悔。
まだ詳しいことは新曲演奏当日のお楽しみですが、楽章の一部のイメージテーマは「キッチュだけど笑顔で毒吐き」とも言えるかもしれません。

新曲は9月22日(金)17:30開場、愛知県芸術劇場(愛知芸術文化センター)小ホールにて初演です!
[PR]
by musictimes | 2006-08-28 00:45 | 楽団こぼれ話